採用情報

閉じる

LCA(ライフサイクル環境負荷定量化・活用)

LCA:環境面の議論に不可欠な環境負荷の定量化・活用技術

 製品や事業が環境に与えている影響(環境負荷)がわからないままの環境経営はあり得ません。それも単に工場などのサイトから発生する環境負荷だけでなく、ライフサイクル全体(バリューチェーンまたはサプライチェーンも同義語)を通じた環境負荷の算定が必要不可決です。
 ライフサイクル全体での環境負荷算定にはLCA(ライフサイクルアセスメント)という手法が用いられます。JMACはLCA関連技術を活用して環境負荷の算定とその数値の活かし方を提案します。

(1) 製品個別の環境負荷算定

LCAを用いて原材料調達、生産、流通、使用維持、廃棄・リサイクルの各ライフサイクル段階の環境負荷を定量的に算定します。関連して、カーボンフットプリント(CFP)やエコリーフ環境ラベルに準拠した計算、PCR(Product Category Rule)策定、データ検証、システム認定に向けた仕組みの構築なども支援しています。

LCAの算定においては、高額なソフトウェアは必要ありません。JMACは自由度が効き使いやすいエクセルベースでのLCA計算シートを提供します。

(2) 事業全体の環境負荷算定

GHGプロトコル スコープ3(SCOPE3)基準が公開され、事業全体の温室効果ガス(GHG)を算定する動きが活発化しています。CDP(Carbon Disclosure Project)が毎年大企業に対してアンケートを行い、取組み結果を公表していることもこの動きに拍車をかけています。

JMACは単にガイドラインに従った2次データを中心とした容易なスコープ3の算定の支援は当然として、環境負荷を低減することを意図した1次データの収集に基づく算定も支援します。

 LCA同様、JMACは自由度が効き使いやすいエクセルベースでのスコープ3計算シートを提供します。

(3) 算定結果の活用

環境負荷を定量化しただけでは何もなりません。それをどう環境経営に活かすかが重要です。たとえば、以下のような活動があります。

・ホットスポットを分析し、温室効果ガス(GHG)の削減活動につなげる

・製品開発段階でLCA手法を実施し、製品の環境評価を行う仕組みを組み込む

・環境配慮製品の基準にLCA結果を用い、環境ラベル化する

・環境負荷だけでなく製品価値を同時に評価する「環境効率・ファクター」として仕組み化する

・事業全体の環境負荷を活用した会社全体の環境経営度指標を設定し、中長期環境目標として活動する

c_iso_em3.png

コンサルティングトップ